インプラント併用パーシャルデンチャー

インプラント併用パーシャルデンチャーって?

従来のインプラントや部分入れ歯の欠点を補うインプラント併用パーシャルデンチャーはこんな人にお勧めです!

  1. 部分入れ歯が合わず、食事がおいしくできない
  2. インプラントには興味があるけど、費用が高くてあきらめていた方

POINT.1
入れ歯でもきちんと噛める!インプラント併用パーシャルデンチャーの秘密

一般的な入れ歯は痛みが生じやすく、さらなる歯の喪失につながる危険性があります。
一般的な入れ歯、特に歯が抜けた部分の後ろ側に歯が残っていない場合の入れ歯では、食べ物を噛んだ時に入れ歯の後ろの部分が沈み込み、入れ歯が動いてしまうため、適切に噛むことが出来ず、特に硬いものなどを噛む際には痛みが生じてしまいます。また入れ歯が動くと、バネをかけた歯に大きな負担がかかり、次第にグラグラと動き始め、それを放置するとやがて抜け落ちてしまうことがあります。

>インプラントを使って補強した入れ歯“インプラント併用パーシャルデンチャー”ならそんな不安もすぐに解消!
一般的に歯が抜けると、ある一定レベルまで、骨が溶け、吸収していきます。つまり歯がない入れ歯の部分はやせ細っていくのです。そして、いれた入れ歯が動いてしまうことによりその部分に不必要な力がかかり更に骨の吸収が加速されます。
そこで、一番奥の位置にインプラントを1本入れて、支柱とすることで強く噛んでも入れ歯は沈み込まずよく噛める快適な入れ歯となります。これがインプラント併用パーシャルデンチャーです。インプラントを1本入れることで、骨の吸収と更なる歯の喪失を防ぐことができ、自分の身体を守ることができます!


POINT.2
通常のインプラントよりも費用を安く抑えられることも可能です

通常のインプラントより費用が安く抑えられる
例えば3本の歯を失ってしまっている場合、通常のインプラント治療の場合は各歯に1本づつインプラント体を埋入する必要がありましたが、インプラントと部分入れ歯を併用するこの方法では1番奥の歯に1本のみインプラントを埋入するで、費用が従来の方法より少なくてすみます。また経済的負担だけでなく、手術にかかる精神的、肉体的負担も軽減することができるのです。


将来的にはインプラントクラウンへの移行も可能です!
そして将来的に入れ歯ではなく、自分の歯のようにさらになんでも噛めるようにするためには1本づつインプラントを入れていくことにより入れ歯から固定タイプのインプラントクラウンに移行していくことも可能です。

インプラントクラウンにすれば、より自然に快適にまるで自分の歯のように食事をすることができます。1本づつ段階的に入れ歯からインプラントクラウンへ移行することが可能です。段階的にインプラントを増やすことで、経済的負担を軽減することができ、インプラントが増えるたびに噛めるようになった!と実感していただけると思います。

以下のサイトより歯科医院へご相談ください

  • 歯のページ

    歯のページ

    「歯のページ」とは一般生活者の方々の立場に立ち、歯に関する情報を分かりやすくご案内しているホームページで、運営開始以来10年もの間多くの方々にご覧いただいています。

    おすすめ歯医者さんはこちら

    ここから全国のインプラントパーシャルデンチャーが出来る歯科医院が検索できます。あなたの近くの歯医者さんを検索してみてください!

  • 歯科医へ行こう!

    歯科医へ行こう!

    全国約6万件以上の歯科医院情報が検索できます。もちろん「ポイントチケットがもらえる」加盟歯科医院さんもあります。

    全国の歯科検索はこちら

現在の口コミ

215,091

ポイントをもらおう!

歯医者さんに行って口コミ・評判を書くとポイントがもらえます!
さらに、ポイントチケット加盟医院なら100ポイント~のポイントチケットがもらえて、もっとお得!貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやネットマイル、商品券に交換できます。